Just another WordPress site

エージェントへ相談

飲食業界での求人は様々な職種があるため転職エージェントに相談するのが望ましい

飲食業界は厳しい経営環境が続いています。短期的には景況感の影響、中長期的には少子化などの問題もあり、外食産業では平成9年(24兆円がピーク)以降、現状の24兆円程度まで減少しています。一方、店舗数では、平成19年の約70万店舗から横ばいの状態が続き、店舗間の競争が激しい大変厳しい経営状況と言えます。即ち、競争を勝ち抜くために必要となる戦略が必要となります。自店舗の強みを発揮し、利用者に受け入れてもらえるような商品・サービス作り、価格設計、接客と周知方法(広告など)が必要となり、従来の店舗運営に必要であった人材像を超えて新しい求人枠が増えてきていますのでエージェント経由で確認するとよいです。

このように、厳しい飲食業界のなかで勝ち抜くためには、何を(商品・サービス)、いくらで(価格)、どのように(接客、周知)展開するかを考え、実践する必要があります。従来のおいしいものを安く提供するという単純な発想だけではなく、周囲の競合店状況も把握して、それを上回るようなメニュー作りと店舗環境を整える必要があります。即ち、経営者、店長、調理スタッフ、ホールスタッフ、仕入れ、エリアマネジャーなど、各々の役割に応じた総力を結集した対応が必要になるビジネス環境であると言えます。よって、飲食業界における求人も多岐にわたるため、転職等、飲食業界に興味がある場合は、転職エージェントに相談するのが望ましいです。

飲食業界における職種を大きく分けると、次のようなものが挙げられます。経営・スタッフ系と店舗運営系に分かれ、経営・スタッフ系では、経営者、企画系、経理・総務・人事、店舗運営系では、店長、調理スタッフ(料理長、スタッフ)、ホールスタッフなど。また、飲食業界といっても業態は様々で、各々経営環境と求められる資質などが職種別に異なることがありますので、転職にあたっては転職エージェントに尋ねるのがよいです。更に、待遇面でも大きく異なることがあります。単純な給与水準だけではなく、休日がとりやすい環境かどうか、借上住宅・社宅有無、各種社会保険有無、研修制度などによって大きく差がでてきます。

厳しい市場環境が続く飲食業界の中で、求人と求職者のアンバランス(求人数>求職者数)な状況が続いており、転職マーケットのなかでは売り手市場(転職者に有利)な環境と言えます。よって、少しでも自分が希望する条件で有利に転職活動を進めるためには、広範囲な情報を保有する転職エージェントにエントリーし対策を立ててもらうことが賢明です。求人企業が合同で採用セミナーなどを実施しているケースなども多数見受けられるため、このような情報もエージェント経由で確認し、自分の目で複数の企業と会って確認していくことが望ましいです。

最新記事

  • 飲食店を経営するなら飲食関係の求人に目をとおし、経営コンサルの勉強も必要です 飲食関係の求人数はとても多いので …

    経営コンサルの勉強